ブログ

歯と歯の間

2020年07月02日
こんにちは!
歯科衛生士の米田です.

今日は歯と歯の間のお話をします^^

実は歯ブラシのみで取り除ける歯垢は約半分と言われています。
しっかり磨いたと思っても残り半分はお口の中に残ったままになっている状態です!(TT)

その状態が続けば口臭につながったり、歯周病や虫歯のリスクがぐんっと上がってしまいます。
現在、歯を失う原因のほとんどを占めるのが歯周病と虫歯と言われています。
歯を失わない為にも是非、歯間ブラシやフロスを使っていきましょう!!!

ご自身に合った歯間清掃器具を使って
口臭、歯周病、虫歯の予防に力を入れて一緒に頑張りましょう☆

使い方が難しいと感じたらいつでもスタッフに声をかけてください^^



フロスで歯間を磨くイラスト歯間ブラシのイラスト

感染対策

2020年06月29日
こんにちは!歯科衛生士の岩田です。
当院は新型コロナウイルスの影響により一時期は休診させていただきましたが、今は通常通り診療しております。患者の皆様には予約の変更等、大変ご迷惑おお掛け致しました。

現在どこの施設においても感染対策を徹底しての営業を行っていると思います。
当院ではコロナウイルスの流行前からスタンダードプリコーションを実行し、スタッフも安心して働くことのできる環境づくりに力を入れておりましたが、それに加えて次亜塩素酸水での消毒や、頻繁な換気、フェイスガードの使用などより多くの感染対策を行っています。患者様とスタッフ間はもちろん、スタッフとスタッフ間の感染対策のために、診療室で使用したものは休憩室に持ち込まないなど注意をしています。

まだ油断はできない状況かもしれませんが、皆様に安心して来院していただけるよう感染対策を続けていきますので、来院時の手の消毒など引き続きご協力お願い致します。
皆様も体調にお気をつけください(^^♪

hand_syoudoku_soap.pngのサムネール画像

はじめまして。

2020年03月30日
はじめまして。

1月に入社しました、紺谷です。

まだまだ分からないことばかりで、慣れないことも
多いですが、先輩方の優しい指導のおかげで
毎日楽しく頑張れています。
皆様のお役に立てるよう頑張りますので、
よろしくお願いいたします(^^)
OIPUORCBP5X.jpg

フッ素の効能について

2020年03月05日
こんにちは。
歯科衛生士の小玉です。最近暖かくなってきて花粉がつらい時期になりましたね(´;ω;`)

さて、皆さんは普段から積極的にフッ素を使っていますか?
市販されている歯磨き粉には大体入っているのですが効能についてご存じでしょうか。
①歯が強くなる
②再石灰化を促進させる
③虫歯菌の働きを抑える

1歳6か月から半年に1回の間隔で定期的にフッ素塗布を続けた幼児は、新しく出来た虫歯の数がフッ素を塗布しなかった幼児に比べて46%の減少を示しています。

ホームケアでフッ素を正しく使うには歯磨き後のうがいを2回以上してしまうとフッ素が流れ出てしまい効能が得られませんので、うがいは1回で終わりにするようにしましょう!

歯科医院ではドクターの管理の元、市販より高い濃度のフッ素を安全に塗布することができます。
4ヶ月に1回定期検診でフッ素を塗布しに来てくださいね☺


img_child09.gif

マウスピース矯正

2020年02月27日
こんにちは。歯科衛生士の澤口です。

当医院では歯並びが気になる小学生のお子様にマウスピース矯正をしております。
マウスピース矯正ができる歯並びかは歯科医師の診断が必要になります。
マウスピース矯正をはじめて写真で歯並びを見比べてよくなっているのを見ると
喜ばれます。
気になる方は是非ご相談ください。

mp_01[1].png

WIN_20191101_17_44_56_Pro.jpg











WIN_20191106_17_14_23_Pro.jpg

次ページへ

カテゴリー

アーカイブ

top